マンガ

逆行した悪役令嬢は、なぜか魔力を失ったので~感想とレビュー

「逆行した悪役令嬢は、なぜか魔力を失ったので深窓の令嬢になります」

今このマンガが大人気です。

電子書籍の評判がこちら ↓

50人中40人が☆5という、すごい評価になっています。

そんな「逆行した悪役令嬢は、なぜか魔力を失ったので深窓の令嬢になります」

どんな内容か気になりませんか?

それでは、そんなあなたのために第一話のネタバレをお伝えします。

どうぞ!

 

逆行した悪役令嬢は、なぜか魔力を失ったので~あらすじ

 

あらすじ

性格の悪い悪役令嬢が死を経験し3年前にタイムスリップするストーリー。

未来の過ちを正すべく奮闘します。

 

1話ストーリー

深い森の中、1人の令嬢(ラシェル)がメイド(サラ)の屍の横に座っている。

ラシェル「ごめんなさい・・ごめんなさい」

そうつぶやいている横に、一人の男が剣を振り上げていると思った瞬間。

「グサッ!」

その剣は、何のためらい・・・・もなくラシェルをつらぬいた!

ラシェル「ああ・・ なんと後悔の多い人生だったのか・・」

ラシェルは後悔を口にしながら倒れ込む。

・・・

ラシェルは、ベットに横たわっている。

そして暗闇から目覚めると、隣にはなぜかしかばねになっていたはずのサラがいた。

ラシェル「???」

ラシェルはまったく理解できない様子。

その後のサラの会話で、自分が3年前にタイムスリップした事に気づくのだった。

そのまま横になっているラシェルに、容体を見に来た医者が言う。

医者「魔力が枯れている・・」

ラシェルは思う。

ラシェル「これは罰だ」

ラシェル「わたしは人より多くの魔力を持っていた前世で、他者を傷つけていた・・・その罰だ」

そのころ学園では、ラシェルのいいなずけ皇太子(ルイ)に側近候補(エルネスト)が声をかけている。

エルネスト「ルイ殿下!ラシェルが目を覚ましました」

ルイ「!」

ルイは思い出していた。

以前に町の子供にもらったクッキーをラシェルに見せたとき、

ラシェル「なんて汚らわしい!下民が触れたものを殿下へ渡すなんて」

と言った事を思い出す。

ルイは頭を抱える。

ルイ「あれでも婚約者だからね。見舞いに行く義務がある」

そういってお見舞いへ向かう。

そのころラシェルはというと、未来でルイに婚約破棄されたことを思い出していた。

いろんなことを後悔するラシェル・・

ラシェルの家に到着したルイはラシェルの魔力が消えたことを知らされる・・

ルイ「魔力が枯れた?」

 

ね?なんかワクワクしませんか?

この「逆行した悪役令嬢は、なぜか魔力を失ったので深窓の令嬢になります

私はamebaマンガで読んでいます♪

今なら100冊まで、すべて半額で購入できますよ。

 

→ 【もったいない】あなたは100冊まで半額のコミックサイトを知っていますか?

 

→ ホームに戻る

 

\ 評価おねがいします /

  いいね↓   ↓いまいち

-マンガ